•  
  •  
  •  
 
 
加入条件と支給金額について

加入条件と支給金額について

 

加入条件
加入資格は

自動車事故で亡くなられた方のお子様で、満16歳未満の方であれば、どなたでも加入できます。

 

拠出金は

損害賠償金などの中から、遺児1人あたり、加入年齢に応じて次の金額を、基金に払い込んでいただきます。

 

0~4歳 5歳 6歳 7~8歳 9歳 10歳 11歳 12歳~
12歳6ヶ月未満
700万円 665万円 630万円 595万円 560万円 525万円 485万円

455万円

12歳6ヵ月~
13歳未満
13歳~
13歳6ヵ月未満
13歳6ヵ月~
14歳未満
14歳~
14歳6ヵ月未満
14歳6ヵ月~
15歳未満
15歳~
15歳6ヵ月未満
15歳6ヵ月~
16歳未満
430万円 400万円 370万円 340万円 310万円 280万円 240万円

 

 

給付金額
育成給付金は

加入した月の翌月から満19歳に達した月まで、年齢に応じた次の月額の育成給付金が、3か月ごとにまとめて支給されます。

支給月は、3月、6月、9月、12月です。

 

年齢 0~6歳 6歳1ヵ月~9歳 9歳1ヵ月~12歳 12歳1ヵ月~15歳 15歳1ヵ月~19歳
月額 32,000円 40,000円 45,000円 55,000円 70,000円
支給額 96,000円 120,000円 135,000円 165,000円 210,000円

 

給付金総額は

最終的に受け取る育成給付金の総額は、何歳何ヶ月で加入したかによって異なりますが、おおよそ次の金額になります。

 

加入時年齢 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳
受取総額 10,704,000円 10,320,000円 9,936,000円 9,552,000円 9,168,000円 8,784,000円 8,400,000円
加入時年齢 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 12歳6ヵ月
受取総額 7,920,000円 7,440,000円 6,960,000円 6,420,000円 5,880,000円 5,340,000円 5,010,000円
加入時年齢 13歳 13歳6ヵ月 14歳 14歳6ヵ月 15歳 15歳6ヵ月
受取総額 4,680,000円 4,350,000円 4,020,000円 3,690,000円 3,360,000円 2,940,000円

 育成給付金は、拠出金等を取り崩しながら支給されますので、加入者が満19歳に達したときの返還金はありません。

 

その他の特典は

育成給付金のほかに、遺児が満6歳、満12歳、満15歳に達し、入学や就職をするときに橋本給付金としてお祝い金5万円。さらに、満19歳に達して給付が終了するときにも完了給付金として3万円が給付されます。

 

年齢 満6歳、満12歳、満15歳に達したとき 満19歳に達したとき
支給額 50,000円 30,000円

 

【橋本給付金とは】交通遺児育成基金が設立された昭和55年、静岡県熱海市の病院で療養していた橋本むつさん(当時81歳)が、「交通遺児たちの勉強に役立ててください」とご自分の不動産を処分した3億円を交通遺児育成基金(当時の名称)に寄付してくださいました。このご好意を末永く生かすために始まったのが「橋本給付金」です。

 

給付金について
非課税です

給付金は、非課税扱いの特典を受けています。

 

資金の運用は

基金では、拠出金に国庫補助金、援助金を加えた「給付責任準備資産」を公社債等で安全・確実に運用します。

 

援助金とは

国庫補助に協調して、(一社)日本損害保険協会、(一社)日本自動車工業会、全国共済農業協同組合連合会が資金を負担いただいています。くわしくは法人について・公益財団法人概要の出捐者一覧をご覧ください。

 

援護活動も

独立行政法人・自動車事故対策機構が主催する「交通遺児友の会」の集いなどに、加入者とその家族が参加できます。
くわしくは交通遺児友の会をご覧ください。